読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポルカドットスティングレイ

\ドットイズノットファッキンデッ!/

2015/2/21 ボーダーを披露した渡辺みり愛について(灯をともせ。夜を終わらせよう)

2/21 ボーダーを披露した渡辺みり愛について(灯をともせ。夜を終わらせよう)

先日行われた
乃木坂46時間TVスペシャルライブ 4th Anniversary 深川麻衣 selection songs 乃木坂46は好きですか?」で
披露された「ボーダー」。
この時の渡辺みり愛さんが、凄すぎた。

なんというか
この「ボーダー」で
「やってやる」
「誰よりも楽しんでやる」
という感じがひしひしと伝わってきた。

ダンスのミスやフリ遅れが全くなかったわけではないけれでも、
だけど、
見てる側に何かを届けよう。

そして、何よりも
「自分達が楽しんでやろう」という感じがこちら側に伝わり、
そんなフリ遅れやダンスのミスなど気にならないほどのパフォーマンスになってるように思えた。
そして何よりもあの一曲に
渡辺みり愛はこれです」というようなものが全て詰まってたように思う。
それくらいのものであったように感じた。
本当に嬉しそうに踊り、何よりも楽しそうに踊っていた。
それでいて非常に
\エモーショナル!/で
\エネルギッシュ!/
ダンスのダイナミックさはまだ足りないように思えるもののそれを補いさらに
超越(?)してくる\迫力!/があった。
今までの苦しみや痛みや悔しさを
エネルギーに変えて全てをぶつけ来にたんだろうなと感じた。

僕は「最高」という言葉が大嫌いだ。
でもこの時の「ボーダー」に関しては、
\  最  高  ! /
だった。
自分が見たライブやコンサート(いうて何千本も見てるわけではないけど…)の中でベストアクトに入るものであった。
パフォーマンスをしたみり愛さんには
本当に尊敬しかない。
彼女にいつも「尊敬してる」とは
いうものの本当によかった…
本当に
凄かった。凄すぎた。
今でも「ボーダー」を聞くとあの時の映像が鮮明に出てきて涙が溢れるばかりで…(泣いてるやん…僕…結局…)

あのボーダーを見て
「アイドルをやりたい、歌って踊りたい、乃木坂入りたい」
なんて思った女の子がいたのではなかろうか…

あのライブを生で見たかった。
本当に悔いが残ってるばかりと思ってる。

渡辺みり愛公式ブログの「凛と咲く」にはこのように書かれている。
「昇格してから一年間いろいろな
事がありました。
悔しい気持ち、嬉しい気持ち、
すべての思いを今回のボーダーに
(あの「ボーダー」に何か感じるものがあったら彼女のブログに感想だけでも)
 
渡辺みり愛さん改めてあなたの事、
尊敬します…
やっぱあんたすげえわ…