ポルカドットスティングレイ

\ドットイズノットファッキンデッ!/

渡辺みり愛の個人PV「わたしのみかた」を見て感じた事(ネタバレはある)

f:id:Rio_l_tragic:20160326122938p:plain

私的な雨や傘への考えは
暗いもので
雨は負の感情を表すもので
それを耐え凌ぐための傘という考えである。
また外部からのものは傘で防げても
内部的なものは防げない
そんなイメージである。

ご覧になった方々はわかると思うが
こちらの「わたしのみかた」は
もっと温かいものである。

私は「わたしのみかた」の題名については
お母さんつまり子どもの親は味方。
そして
みり愛「私が雨を眺めている時亡くなったお母さんを思い出すの?と聞かれて〜」の部分から
みり愛「雨は私の味方だ」のセリフで理解できる。
雨は元々彼女を落ち着かせるものであり、ある種お母さん代わりということだからである。

雨が止んでしまう描写が凄い当たり前の描写なのかもしれないが
私は好きである。
葉っぱから垂れ落ちる雨。
太陽が差してくる感じ。


最後にみり愛「雨は私の味方」と言って終わるが
これは雨はお母さん代わりのようなものであり、それを見ると落ち着き。
またお姉さんに会うために必要な要素だからなのではなかろうか。

これは考察に過ぎないのかもしれないが 
みり愛が「……お姉ちゃん…散歩行かない?」の時少し目が潤んでるように見えるのがわかると思う。
これは雨が止んでしまったら自分が消えてしまうのが分かってるから…なのかもしれない。
Ghost in the rain。
これがこの作品のキャッチフレーズというかこの作品のあらすじなのではなかろうか?

みり愛が
最初の歌を歌う前に負の感情を抱いた時にする癖が少しであるが出てて「これわかる人いるかな?」レベルではあるがしっかり表現しようとしてて良かったとは思う。

前回のロールに比べ「この子はこう」というようなものは具体的に主張出来てないものの
作品としてはいいなと感じてるし
みり愛がやりたいことの一つ「演技」に関しても凄いいいと思う。
監督さんのドヤ顔が目に浮かぶのが少し悔しいところではあるが笑

永島聖羅さんラスト握手会、次はない(其限)

永島聖羅さん。

最後の握手会。


これは僕の経験です。

ある小川乃愛さんというアイドルやってた女性がいらっしゃいました。

その人に対して僕は「次話せる。次会えるから別に好きなんて言わなくていいや。ありがとう何て言わなくていいや。恥ずかしい」

そんなことを思ってたらその小川乃愛さんは突然の活動辞退。

そして僕は彼女に「好き」とか「ありがとう」とか言えずじまいで終わってしまいました。

今でもあの時の思い出引きずってます。


だからこそ次会えるかなんて誰にも言えることなんだろうけど

ワカンねぇから。わかんねぇからこそ。

今日永島さんと話せる方々は

例え5秒だけでもその一瞬一瞬を、

時間大切にして…


俺は2度「次も行けるから次行こう次これ言おう」って思ってそのままいなくなってしまってもう本当に会えなくなった経験があるから。

次会える。これは誰にも言えることなんだろうけど、次なんて100%あるかなんてわかんねぇ。

今日でもしかしたらこうやって話すのは最後になるかもしれない。

もう会えないかもしれない。

それを心にしっかり抱えて

伝えたいこと

ありがとう

好きだよ

こんな言葉でいいと思うんです。

こんな言葉でそれだけでも想いって伝えると思うんです。

なんか色々と溢れ出すくらいの想い。伝われ!!!届け!!!

させて下さい。

人間ゼッテー後悔する生き物だからさ。

少しでも後悔小さしてください…

どうせなら「もう会わなくていいや!」って思えるくらいに

想い、ぶつけて下さい。

晒してさらけ出してもう溢れ出してもいいくらい伝え届けて下さい。


あと少し…一瞬一瞬…3月の永島さんの卒業コンサートもそうだけど大切に。大切に。


永島さんや永島さんに会う方々が心から楽しめるラスト握手会になるよう。心より願っております。

2015/2/21 ボーダーを披露した渡辺みり愛について(灯をともせ。夜を終わらせよう)

2/21 ボーダーを披露した渡辺みり愛について(灯をともせ。夜を終わらせよう)

先日行われた
乃木坂46時間TVスペシャルライブ 4th Anniversary 深川麻衣 selection songs 乃木坂46は好きですか?」で
披露された「ボーダー」。
この時の渡辺みり愛さんが、凄すぎた。

なんというか
この「ボーダー」で
「やってやる」
「誰よりも楽しんでやる」
という感じがひしひしと伝わってきた。

ダンスのミスやフリ遅れが全くなかったわけではないけれでも、
だけど、
見てる側に何かを届けよう。

そして、何よりも
「自分達が楽しんでやろう」という感じがこちら側に伝わり、
そんなフリ遅れやダンスのミスなど気にならないほどのパフォーマンスになってるように思えた。
そして何よりもあの一曲に
渡辺みり愛はこれです」というようなものが全て詰まってたように思う。
それくらいのものであったように感じた。
本当に嬉しそうに踊り、何よりも楽しそうに踊っていた。
それでいて非常に
\エモーショナル!/で
\エネルギッシュ!/
ダンスのダイナミックさはまだ足りないように思えるもののそれを補いさらに
超越(?)してくる\迫力!/があった。
今までの苦しみや痛みや悔しさを
エネルギーに変えて全てをぶつけ来にたんだろうなと感じた。

僕は「最高」という言葉が大嫌いだ。
でもこの時の「ボーダー」に関しては、
\  最  高  ! /
だった。
自分が見たライブやコンサート(いうて何千本も見てるわけではないけど…)の中でベストアクトに入るものであった。
パフォーマンスをしたみり愛さんには
本当に尊敬しかない。
彼女にいつも「尊敬してる」とは
いうものの本当によかった…
本当に
凄かった。凄すぎた。
今でも「ボーダー」を聞くとあの時の映像が鮮明に出てきて涙が溢れるばかりで…(泣いてるやん…僕…結局…)

あのボーダーを見て
「アイドルをやりたい、歌って踊りたい、乃木坂入りたい」
なんて思った女の子がいたのではなかろうか…

あのライブを生で見たかった。
本当に悔いが残ってるばかりと思ってる。

渡辺みり愛公式ブログの「凛と咲く」にはこのように書かれている。
「昇格してから一年間いろいろな
事がありました。
悔しい気持ち、嬉しい気持ち、
すべての思いを今回のボーダーに
(あの「ボーダー」に何か感じるものがあったら彼女のブログに感想だけでも)
 
渡辺みり愛さん改めてあなたの事、
尊敬します…
やっぱあんたすげえわ…

ポルカドットスティングレイ

ポルカドットスティングレイって名前でこちらでブログ始めてみました。

痛々しいですがよろしくお願いします🍋f:id:Rio_l_tragic:20160224055418j:plainf:id:Rio_l_tragic:20160224055526j:plain